>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 406 テレワーク可能?な美術館

     【アーティゾン美術館】

前から気になっていた美術館。

観てみたかった絵が展示されていたので。

会期は長いからまだいいかな。
そう思っているうちに、会期も終わりに近づいたため、先日、仕事の帰りに立ち寄ってみました。

東京、京橋のアーティゾン美術館。 
好感度の高い美術館でした。

例えば・・・

  • 好感度ポイント1:大学生まで無料
    中学生以下、ではなく、成人を迎えている大学生までが無料です。
    感受性の強い若者は、大いに刺激を受けるべきだと思います。
    でも、自分がいま学生だとしたら、果たして自主的に見に行ったかは微妙ですけど。
  • 好感度ポイント2:建物がユニーク
    凝った創りの美術館って珍しくはないんですが。
    展示作品パンフレットのかたわらに、ある冊子を見つけました。

    f:id:slickrun:20210911114238j:plain

    ぬり絵?
    美術館自体の解説書?でした。
    造りの解説、こだわりが記されています。
    ひと通り目を通してから、建物自体を見て廻るのも面白いかも、です。
  • 好感度ポイント3:休憩ベンチにコンセント?
    窓が下の方まで全面ガラス張りで、抜群の開放感。
    休憩コーナーには、大きな窓に向かって、ベンチが外向きに置かれています。
    そこには等間隔にコンセントが配置されていました。

    f:id:slickrun:20210911114250j:plain

    仕事の合間に立ち寄って、絵を観つつパソコン広げて仕事をしたい人のための配慮!?

このアーティゾン美術館は、1952年に開館したブリジストン美術館をリニューアルし、2020年1月にオープンしました。

訪問したのは『STEPS AHEAD』と題した、当美術館収蔵作品の展示会。
特集コーナーを含めると200を超える作品が展示されていました。

次に予定が控えていたため、実質50分ほどでしたが、作品点数が多いので、軽く見て廻るので精一杯。
作品点数が多いのでしっかり鑑賞するには、それ相応の時間がかかるし、けっこう疲れるでしょう。
次回は休日を選び、ゆっくり鑑賞したいと思います。

アーティゾン美術館

プライバシーポリシー