>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?! 241  “普段どおり”は、むつかしい

         【ホルター心電図

 生まれてはじめて、検査で『ホルター心電図』なるものを身体に取り付けました。
 装着して24時間生活した感想を書き留めておくことにします。

 循環機能検査室。
 予約時間定刻に名前を呼ばれます。

f:id:slickrun:20200923165457j:plain
 5分ほどで装着を終え、説明が始まります。

  • 先生
    「普段どおりに生活してくださいね」「計測器は水に弱いものなのですが、汗をかくご予定はありますか」

  • (習慣であるランニングは出来ないと判断し)「ありません」
  • 先生
    「シャワー、お風呂はひかえてください」

  • (もう普段どおりではないではないか、と思いながら)「わかりました」 

 『行動記録カード』というものを渡されました。

f:id:slickrun:20200923165507j:plain
 24時間内の行動を分単位で記録せよ、と“普段どおり”ではない作業が課せられます。
 行動欄にチェックを入れ、当てはまらない行動はメモ欄に具体的に書け、との指示です。 カードの項目は、“歩行”“起床就寝”“食事”“トイレ”“仕事”“運転”“飲酒”“食事”・・・。
 部屋の中を移動するときも“歩行”か?
 “運動”という項目は、汗をかかない運動に限るということだろうか、そんな運動あるのか?
 など、頭の中からツッコミが溢れてきます。

 とりあえず、生活に制約を課された状態で、“普段どおり”に努めてみました。
 計測器を付けていると、無意識に喜怒哀楽が控えめになる気がします。笑わず、怒らず、無反応な人間になってしまったようです。

 就寝時刻を迎え、普段と同じ時刻にベッドに入りました。
 寝返りをうったら外れてしまわないか、と気にしながら、仰向けに寝ようと試みます。
 あ、普段は右向いて寝てたんだっけ。
 寝てる間、計測器を無意識に取ってしまったら、またやり直しなのかなぁ。
 それは嫌だなぁ。
 ずっと起きてようかな。
 いろいろ考えているうちに、寝落ち。
 翌朝起きると、無事に計測器はくっついていました。

 前日と同じ時刻、病院に出向きます。

 計測器から開放されたら、どっと疲れを感じました。
 無意識に緊張してたんでしょうか。

 普段どおりじゃないことがバレたら、やり直し??

 再検査になりませんように。。。

 ホント、“普段どおり”は、むつかしい。

プライバシーポリシー