>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 426 吸うより、吐く

       【呼吸法】

ランニングでは、呼吸法が大事。

パフォーマンスを上げるには、鼻から吸った方がいいのか、口からの方がいいのか。
4拍か、6拍か、とか。
2回吸って、2回吐いて、とか。
どれだけたくさんの酸素を取り込めるかについて、さまざま論じられています。

「呼吸法」について検索してみると、だいたいが“吸って吐く”の順番で書かれています。
でも、筆者としては逆だと思っています。
順序としては、吐いてから吸う。
なぜなら、吐いた量しか吸えないはずなので。

回数はどうでも良くて、重要なのはしっかり“吐く”こと。
意識的に“吐く”ことで、適正量の空気は入ってきます。
吐くと、自然に吸うことができます。
というか、吐いた後は勝手に空気が入ってきます。
そして、吐いたのと同量の空気しか入ってきません。

「深呼吸」も同じ。
「深呼吸」って聞くと、両手を広げて胸いっぱいに“吸う”を想像しますが、両手を広げる前に、まず吐く。
呼気を吐ききり、胸を開けば、鼻から口から勝手に新鮮な空気が入ってきます。

先日、たまたま書店で見つけた『呼吸の本』。

プライバシーポリシー