>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?! 188 試着し放題 便利なシステム

              【潔く”返品”】

 ランニングシューズが傷んできたのと、気分転換に買替えを検討。

 靴はめったにネットで買わないんですが、店頭より少し割安だったので、同じ種類だから大丈夫だろう、と、同じサイズをAmazonで注文。

 サイズには慎重になるべきランニングシューズなので、念の為、Amazonプライムの“ワードローブ”を初めて使ってみました。

 注文から2日後、商品が到着。
 さっそく足を入れてみると・・・キツイ。

 そういえば、この靴を以前買ったとき、幅がキツくて空き瓶をしばらく突っ込んで伸ばしてたのを思い出しました。
 ボロボロになった先代は、今でもやっぱり少しキツめ。

 ランニングシューズは、普段履きより若干大きめを履いたほうが良い、と聞きます
 足は、走っているうちに浮腫んできて大きくなるからでしょう。

 今回は空き瓶を突っ込まず、“ワードローブ”ですので、潔く返品することにしました。

 梱包されてきたダンボールは、返送時の蓋が付いた特殊なつくり。
 伝票を同梱して、着払の『送り状』に自分の住所等を記入し貼付して集荷に預けるだけ。
 すごく楽。

 身につける物を画面で見ただけで買うのは、不安があります。
 ワードローブのような試せるシステムはありがたいですね。
 猶予期間が7日間というのも、土日にゆっくり商品を吟味してもらうという心遣いでしょうか。

 あ、念の為断っておきますが、ワードローブを試してみるために返却前提で注文したのではありませんので。。

f:id:slickrun:20200709085050j:plain



プライバシーポリシー