>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!211 ランニングが蚊を吸い寄せていたとは・・・

                  【蚊に刺される】

 ランニングに出かけると、3回に1度は蚊に刺されます。

 刺される場所は脚ばかり。

 激しく動いているにも関わらず。

 ”ふくらはぎ”を刺されることが多い気がします。

 虫除けスプレーを一吹きして出かけても、汗で流れて効果なしです。

蚊が人を刺す理由

 そもそも蚊は、どうして人を刺すのでしょうか。

 蚊の主食は蜜や果実の汁だそうです。

 血を吸うのは産卵に備えるメスの蚊。

 必要量は1mg。この血液を2~3日かけて消化して、卵巣を発育させます。

 産卵が終われば、血液を吸いに来ることはないそうです。

刺されやすいのは・・・
  1. O型の血液
    実験によって判明していますが、理由はよくわかっていないそうです。
  2. 黒い服
    濃い色の服を着ている場合が刺される可能性が高いとのこと。
    なので、最も刺されにくいのは白ということになります。
  3. お酒を飲んだ状態
    蚊は熱や化学物質を頼りに近寄ってきます。
    お酒を飲むと、体温が上がって呼吸量も増え、吐き出す二酸化炭素量が多くなるため、蚊に察知されやすくなります。
  4. 汗をかいた状態
    蚊は汗と一緒に分泌される「L-乳酸」という化学物質に反応して近寄ってきます。

 大汗をかいて、二酸化炭素を吐きまくりながらのランニング。

 絶好の的になっていた、ということですね。

 結局、ふくらはぎばかりが刺される理由は突き止められませんでしたが、肉がいい感じで盛り上がっているので、血が豊富そうにでも見えているんでしょうかねぇ。

 <参考にした書籍>

Audible(オーディブル)の登録はこちらから

プライバシーポリシー