>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 399 兆候に気づいたら、誘ってみよう

    【「うつ病」とランニング】

 「うつ病」で病院に通っている友人がいます。

 自分にできることといえば、話を聞いてあげることくらい。

 友人の症状は、自立神経失調による睡眠障害と過食。
 睡眠については、睡眠導入剤を使って何とかしのいでいますが、目下の悩みは過食。
 「過食性障害」と呼ばれるもので、空腹でなくても食べる衝動がおさえられず、食べてしまう症状です。
 本人は、美味しいと思って食べているわけではないと言います。
 そして、食べた後はいつも罪悪感に襲われています。
 徐々に増加していく体重を見て、罪悪感により自分を責め、さらに「うつ病」を悪化させ、過食に走って罪悪感・・・負のループです。

 セロトニンの不足が「うつ病」症状の原因になるといわれています。
 運動、特に一定のリズムを刻む運動は、セロトニンの分泌を促します。
 気楽に、簡単にできるリズム運動といえばランニング。
 着替えて家のドアを開けたらすぐに始められるし。最も始めやすいスポーツだと思います。
 ランニングが習慣化すれば、「過食性障害」による体重増加を抑えられるし。
 とはいえ、重くなった身体でいきなりランニングは、やっぱりハードルが高い。
 ましてや、うつ状態で落ちてるときにランニングなんか、なおさら・・・。

 悪化する前に気づいて、運動習慣をつけさせていれば、と後悔しています。
 友人や家族、同僚に「うつ病」の兆候を感じたら、多少強引にでも手軽に始められそうな運動に誘ってみるべきです。

 ストレスがたまりがちな毎日。
 当然、自分だって、いつ「うつ病」になってもおかしくない。
 セロトニンの分泌をうながすランニング。
 欠かせない習慣といえます。

プライバシーポリシー