>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 331  褒められるのは、いくつになっても嬉しい

             【褒めて育てる】 

 友人は2年前、シベリアンハスキーを飼い始めました。

 最近ではすっかり成犬になったハスキーに芸を仕込んでいるそうです。
 「お手」
 「おかわり」
 「ハイタッチ」
 そして、いま取組中なのは「バイバイ」

 先日、訪問した際に、その仕込み方を見せてもらいました。
 ハスキーが少しでも上手くできるようになると、まだ完全でなくても大げさに褒めてあげています。
 毎日、時間をつくって、地道に繰り返し繰り返し仕込んでいるそうです。

 もっとも仕込みたい技は「バーン」だと言っていました。
 銃を撃ったらひっくり返る、アレです。
 それまでは地道な努力を続けるそうです。

 友人宅からの帰り道で、ふと思いました。
 何度も同じことを繰り返し仕込に続ける友人のしつこさ、粘り強さは相当なものでしたが、ハスキーの方も、モチベーションを高く保ったまま何度も何度も繰り返していました。

 人間相手も、同じなんだよな。
 シベリアンハスキーに限ったことではないですが、成犬の知能は、人間でいうところの2~3才児くらい。
 人間だって、子供でなくても、褒められると嬉しいものです。
 褒められると、やる気が出ます。

 そういえば最近、会社であまり部下を褒めてないな。
 叱ってばかりかもしれないな。
 忙しくて、余裕なくて、ついつい。

 褒めたあとにアドバイス
 キャラ、変えてみようかな。
 いきなり変えたら、気持ち悪がられるかな。

 明日は月曜日。
 “褒めて育てる”を始めてみようと思います。

プライバシーポリシー