>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?! 237 曲は、聴かれ続ける

   【エディ・ヴァン・ヘイレン

 パナマって曲、MP3にしてランニングソングだったり筋トレソングだったり。

 未だに聞いています。
 30年以上前の曲です。

 ヴァン・ヘイレンの曲。

 ミディアムテンポが、ランニングのテンポに合っていて、力強くて丁度よい。
 デビッド・リーロスの声が好きだっていうのもありますが、ギターのリフがカッコいい。
 たまにギターを引っ張り出してきて、ソロは難しいけど、リフだけなら何とかなるので、弾いた気でいました。

 ライトハンド奏法は、ヘヴィ・メタルが流行った80年代には様々なミュージシャンがやってました。
 中にはエイトフィンガーといって、8本の指でタッピングする奏法も出てきたり。
 その先駆けがエディ・ヴァン・ヘイレンだったんですね。

 そういえば、エドワード・ヴァン・ヘイレンは、適当というか何というか、ライブ聞いてると、よく間違えるんですよ。
 まあ、アドリブだって言えばそれまでですけど。
 ニヤッと笑いながら弾いてる姿と相まって、あのラフさがカッコよかった。

 一時代を気づきあげたミュージシャン。
 亡くなると、ひとつの時代が終わってしまったような。

 今でもカッコいいと思う音楽。
 古臭くても、良いものは良い。
 プレイヤーが亡くなっても、曲は残る。
 人を魅了し、楽しませ続ける。

 ミュージシャンって、羨ましい職だと思います・・・。

プライバシーポリシー