>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?! 224 暑さによる気持ち悪さ < 走らないことの気持ち悪さ

       【習慣化の手法】

 職場の健康診断が終わると、誰からともなく必ず相談されること。
 「どうやったら運動習慣が付くんだろう」

 そして、聞かれます。
 「どうして暑い中、定期的にランニングを続けることができるのか」
 「そんなに走ることが好きなのか」
 好きじゃないです。特に、暑い季節に走るのはツラくて嫌です。
 できれば、走りたくありません。
 走ると、暑さで気持ち悪くなることもあります。
 でも、走らないと、もっと気持ち悪くなるんです。

 そう説明しても理解してくれないので、本を紹介しました。

『習慣化のシンプルなコツ』(山崎啓支 著)

 この本は、NLP神経言語プログラミング)という心理学的手法で「脳内プログラムを書き換える」ことにより悪習を廃し、良習を身につける、というもの。

 特殊な器具を一切使わず、簡単なエクササイズによって、頭の中を変えていきます。

 無意識による習慣や感情に惑わされないよう、自分を客観的に観察しながら意識を変えていく。

 生活習慣病を治すとなると、まず、悪い習慣を正し(無くし)、良い習慣を身につけることが必要です。
 喫煙や、過度の飲酒習慣を辞めて、身体を動かす習慣を身につけるには、良い方法なのかもしれません。

 記載されている、全てのエクサイズをやってみました。

 一回きりだと修正されないので、ある程度は繰り返しやってみないと身に付かなそうです。

 この手法を使えば、飲酒習慣は無くせるかも。
 でも、毎晩のお酒はストレス解消に役立っていると思います。
 それらのストレスを運動で解消する、というサイクルが出来上がれば理想的なのでしょう。
 完全な習慣化までは、相応のストレスが溜まりそうですけど。

 他にも、嫌な記憶をコントロールする方法、トラウマを消す方法が書かれていたり。

 22ページに渡って書かれている、本編に入る前の“はじめに”を読むと、考え方が理解できます。

 面白い本なので、是非。

プライバシーポリシー