>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

 それでも走るか? 422 酔っ払っていると、調子いい

    【”二日酔い”ランニング】

コロナ禍で家呑みが増えてから、”二日酔い”になることが多くなった気がします。

家呑みだと、閉店時間がないし、通勤時間をそっくり呑む時間に充てられるし。
休みの前の日、映画を見ながら呑んでしまったりすると、翌朝は確実に”二日酔い”です。

休みの朝は、ランニング日に充てていますが、”二日酔い”の日も走っています。
”二日酔い”だと、起きるのがツライのですが、ひとたび走り出すと、身体が軽いことに気づきます。

そう、酔っ払っていると、調子が良いのです。
そして、やたら汗が出ます。
真冬でも、びっしょりです。
走った後は、妙にスッキリします。

以前、”二日酔い”でスポーツジムに行ったことがあります。
プールで泳いだのですが、気持ちが悪くなりました。
波に揺られているせい?
なんだか、船酔いのような感覚でした。

でも、ランニングで気持ち悪くなったことはありません。
”二日酔い”とランニング・・・相性がいいのかもしれません。

”二日酔い”でマラソン大会に出場したことがあります。
日本酒の美味しい観光地で、前の晩から旅館に一泊。
そりゃ、呑んじゃいますよ。
途中棄権でもいいや、と、夕食でガンガン呑んで、食べて。
大会当日は二日酔い。
そして、身体が軽いかるい。
ハーフマラソンでしたが、タイムは自己最高記録。未だに更新されていません。

一時期、心拍計を付けて走っていました。
”二日酔い”の状態で走ると、心拍数がとんでもなく高くなっていることに気づきました。
身体に負担がかかっていることは、間違いないと思います。
かなりの負担が。
ですので、”二日酔い”ランニングはおすすめしません・・・念のため。

 

プライバシーポリシー