>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?! 190 本好きにはタマラナイ、ちょっと特殊な図書館

                【図書館とランニングの日】

 平日の午後、調べ物をするために都立中央図書館へ。
 広尾駅に近い有栖川記念公園内にある立派な図書館に、初めて訪問。

 蔵書が充実していて、キレイなのが良い。そして何より、読みたい本をほぼ確実に読めるのが良い。

 図書館といえば、本を借りて家でゆっくり読むという使い方をしていますが、ここは館内閲覧のみで貸し出していません。

 まず、事前に読みたい本を予約します。本の用意が出来たという通知メールを受け取ったら、“来館利用申込み”を行い、カウンターで本を借りて館内で読む、という仕組み。

 配架されている書籍は自由に読めるし、元の位置に戻す必要がない(←間違った位置に戻されたら大変だから)のも楽です。

 借りて家でゆっくり読めない代わりに、コピーサービスは充実していて、コピー機は複数台用意されているし、メール等で申し込めば、コピーして郵送してくれるサービスもあります。

 今は入館人数の規制により、人もまばら。ゆったり調べ物ができます。
 来館予約は一枠3時間。
 あっという間に制限時間となり、図書館を出たのが夕方5時。

 外に出ると、青空が見えてます。

 無事に調べ物が片付いた充実感と、珍しい晴れ空にカラッとした心地良い風により、思わず走ってみたくなりました。
 今日は事務所に戻らなくてよいし、Google Mapで測ると、自宅までは11kmと丁度よい距離。
 ワイシャツ、スラックス、革靴、そして殆ど何も入っていない手提げカバンという身なりで、走って帰りました。

 緑が多くて、池があり、外国人の子どもたちが戯れている公園内にある図書館。
 なんとも、良い雰囲気でした。

プライバシーポリシー