>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 338 「トリマ」をランニングで使ってみると・・・

       【「トリマ」】

 ランニングの時は、「Runkeeper」というアプリを使って記録していましたが、先日「トリマ」をインストールし、併せて使用するようになりました。

 「トリマ」とは、2020年10月にリリースされた“移動するだけでポイントが貯まる”というポイ活アプリ。
 貯ればAmazonギフト券nanacoポイント、WAONポイント等とポイント交換できます。
 移動するだけで貯まる、なら、ランニングだって無駄にできません。

 運営会社は、Mapfanなどの地図サービスを運営しているインクリメントP株式会社。
 収集したデータは、匿名化して地図制作に活用されるそうです。

 早速、ランニングで使ってみました。
 11kmで1万歩強。アプリ上のマイル換算値で175マイル。
 気になる換金率ですが、1マイルあたり0.01円(!?)なので、一回のランニングで1.75円。

f:id:slickrun:20210424081610p:plain
 例えば、Amazonギフト券300円分が30,000マイルなので、2日に1度の、11kmのランニングだけで貯めるとするなら、およそ一年弱かかる計算。
 塵も積もれば・・なので、気長に、ですね

 「トリマ」のインストール以来、「Runkeeper」を起動させていると、電池の減りが早い気がします(スマホの電池の劣化も原因だと思いますが)。
 「トリマ」の場合、走ってきた軌跡を表示できないし、ラップタイム、平均時速が出ないので、単体でランニングアプリとしては使えないかな。

 万歩計としての精度を上げたい場合は、Androidスマホなら「GoogleFit」経由で計測させることもできるようです。

 使ってみたい、興味のある方は会員登録時にコチラの招待コードを入力すると5,000マイルが貰えますので、よかったらぜひ。
 ⇒招待コード:eNRSX088N

プライバシーポリシー