>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!203 いくら快適なマスクでも・・・ランニングに最適な飛沫防止方法とは

       【ランニングの飛沫防止】

 休日、朝起きてザーザー降りだと、タイミングをずらし雨の合間でランニングに出かけます。
 昼間だと人通りが多くなるので、飛沫防止は必須。

 汗をかいて水分を含んだ使い捨てマスクは、不快で息も吸い難くなるので、どうしたものかと。

 地元のユニクロでずっと売り切れだったエアリズムマスク。
 やっと入手できたので早速ランニングで使ってみました。
 意外に分厚い、汗を吸いそう、というのが第一印象。
 快適な付け心地をウリにしているので、耳に掛ける部分が太くて柔らかく、肌に当たる部分も柔らかくて心地よい気がします。

 で、走ってみると・・・、

 当然ですが、苦しさは変わりません。
 汗を吸ってくると、不快感が増します。
 汗の水分で吸いに難くなるのは、紙マスクと同じです。

 この分厚い生地が裏目に出て、汗を多く吸い、重くなります。
 すると、走っている振動で、ずれ落ちてくるのです。
 40分ほど、ずれ落ちるマスクを手で抑えながら走りました。

 個人的な感想ですが、ランニングには紙マスクの方がマシでした。

 運動用にはナイキやアンダーアーマー、ミズノ、ヨネックス等、スポーツメーカーが出しているマスクが良さそうですが、材質は変われど、口を抑えているんだから多少の苦しさは残ります。

 口に接触させない飛沫防止方法といえば・・・
 フェイスシールド。

 変な人だと思われそうだけど、雨の日のランニングにも使えるんじゃないのかな。
 ちょっと試してみたいと思います。

プライバシーポリシー