>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 375  ランニングに適さない気候が、続きます

       【梅雨明け】 

 関東地方の梅雨明け。
 どんより、ジメジメの季節が終わりました。

 梅雨の間、多少の雨でもランニングしてましたが、やっぱり雨の日は走りにくい。
 長く降れば、それだけ水たまりの数は増えて。
 ずっと路面を見ながら、水たまりを避けてジャンプしたり歩道内を蛇行したり。
 普段よりも鍛えられてる気は、しますけど。

 今年の梅雨は短かった印象ですが、平均的にどうなんでしょう。
 気象庁のサイトを見てみました。

 関東甲信越、去年(2020年)の梅雨入りは6月11日、明けは8月1日。
 雨模様が51日間。
 7月中、ほとんど雨。。。

 過去をずっと遡ってみます。
 過去70年間を比較したら、最も早い梅雨明けは2001年の「7月1日」。
 この年の梅雨入りは6月5日で、梅雨の期間は26日間でした。

 期間で比較すると、最も短かったのが1978年、2018年の23日間。
 最も長かったのは1963年の79日間(!?)。
 この年の梅雨は5月6日から7月24日だったそうで、GW直後から8月手前までずっと“どんより”していたってことになります。
 あまり短かいと水不足も心配ですが、水害も怖い・・・。
 気象庁|過去の梅雨入りと梅雨明け (jma.go.jp) 

 本格的な夏の到来。
 暑くなります。
 照りつける太陽、高い気温、ジメジメした湿度も、ランニングには適さない気候。
 ランニングが気持ち良い季節まで、まだしばらくかかりそうです。

プライバシーポリシー