>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!65【お勧め】ロードバイクに荷物を積載できる?!

     【ロードバイクで遠出を 2】

 前回に続いて、ロードバイクに乗る準備について。

 荷物はできるだけ背負いたくないので。

ドルバック

 使わずに放置していたんですが、今回は使ってみることにしました。

 ・寸法:幅16cm 高さ17cm 長さ27cm

 ・容量:4.5リットル

 ・耐重量:2kg

 大きいです。

 シートポスト(サドルを支える棒)にアタッチメントを付けて固定します。

使ってみた感想

 パンク修理工具や空気入れ、輪行袋、携帯食料を入れても余裕がある大きさです。

  下面が防水加工されているので泥除けにもなり、しっかりと固定されているので漕ぐときの違和感もありません。

 アタッチメントで脱着が容易なので、店に入る時はすぐに外して持ち込めます。

 内容物の重さについて一つ注意点が。

 2kgまでOKということなので2リットルのペットボトルを入れて走ったことがあります。

   堅牢そうなアタッチメントでも、段差を乗り越える時の上下の動きによってアームがしなりタイヤに接触

   擦れて跡が付いてしまいました。

f:id:slickrun:20200620162822j:plain

 重量物を入れるのは控えておいた方が無難です。

   重さのあるペットボトルはドリンクホルダーを活用しましょう。

まとめ

   私は、急ブレーキなど、急に前方へ荷重が掛かった場合、後ろに重さを分散できる気がしたのでシートポストに取り付けられるタイプを選びました。

 自転車の躯体に取り付けられるバックは、他にもハンドルに取り付けるフロントバックや、容量は少なくなりますがフレームに取り付けるタイプなどがあります。

 決して安いものではないので、めったにロングライドしないのであればリュックで問題ありませんが、使用頻度が多いのなら躯体取付バック、オススめです。

 

 

プライバシーポリシー