>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 316 高性能であるがゆえの値段

      【ロードバイク】 

 3月も半ばを過ぎ、暖かくなってきました。

 そろそろロードバイクで走ってもいいかな、と思えてきます。

 今年に入って駐輪場に停めたまま放置していたロードバイクの整備をしてみました。 
 筆者の愛車は、中古と新品の部品を組み合わせて作られたもので、購入から既に14年経っています。

 その間、パンク4回。
 チューブは前後2回ずつ、タイヤは1回取り替え。
 前後のブレーキパッドは1回交換。

 そして、3年ほど前から左シフトレバーの調子が悪くなり始め、シフトダウンにコツが要るようになりました。
 購入時には、既に中古部品として取り付けられていたシフトレバー。
 騙し騙し使っていましたが、どんどん操作性は悪くなる一方。
 ショップに持っていったら、替え時とのこと。
 ギアシフトとブレーキが一体なので、中身は超複雑。
 容易に治せるものじゃない、と言われました。

 複数回の転倒で傷だらけになったフレームを眺めていると、そろそろ買い替え時かな、と思えてきます。
 シフトレバーを交換するか、それとも買い換えるか。

 とりあえず、最近のロードバイクの流行りを知りたくなり、数年ぶりに専門誌を読んでみました。

 ん?「グラベル」ってなんだ?
 数年前には聞いたことのなかった言葉(知らなかっただけかもしれませんが)。
 オフロード用のロードバイク
 「シクロクロス」って言うんじゃなかったっけ?
 競技用かどうかで名称が変わってくるんですね。

 それにしても、ロードバイク自体も数年前と比べて、よい洗練されてきているというか。
 久しぶりに目にすると、時代の変化を感じます。

 読み進めていたら、大事な事を思い出しました。
 ロードバイクは、高い。
 機能を考えれば、値段は妥当なんですが。

 良いな、と思ったモデルはフレーム40万。
 安めの完成車でも25万か・・・。

 家の事情により、屋内保管が出来ず、現在の愛車は駐輪場保管。
 雨風はしのげますが、盗難のリスクあり。
 現実を思い出して、買い替えは諦めることにしました。

 精密な部品、軽くて丈夫な素材、洗練されたデザインと驚異的な軽さ。
 高価なのは当然ですね。
 ロードバイクって、贅沢な乗り物だと改めて実感です。

プライバシーポリシー