>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 323 実害がなければ、何度も観てみたい

        【火球】

 もう2週間ほど前のことになりますが、伊豆大島上空に火球が見えたとニュースでやっていました。

 夜間や早朝まだ暗いうちからのランニングが多く、たえず星空を見上げて走っていますけど、小さな流れ星すら一度も遭遇したことはありません。

 火球に遭遇できるなんて、UFOを観たのと同じくらいレアなんじゃないでしょうか(火球も”未確認飛行物体”=UFOですけどね)。
 火球を観ること自体を願いごとにしても良いくらいの、珍しいイベントだと思います。

 でも、あまり喜んでばかりはいられないんですよね。
 2013年にロシア南部に落下した隕石は、窓ガラスを割るなどして1,000人以上の負傷者が出ていました。
 空中で燃え尽きずに海や人のいないエリアに落ちるならまだ良いですが、住宅地なんかに落ちたら大惨事なわけです。

 今年の3月6日には直径約350mの小惑星が、地球の近くを通過していたようで。
 この小惑星は大きな楕円軌道を描いていて、2068年には地球に衝突する可能性あるとのこと。
 これが地球に衝突すれば、気候を変えてしまうほどの影響が出るとか。

 話がそれてしまいましたが、直接、実害のない限り、流れ星、火球は神秘と幸運のシンボルみたいなものです。

 伊豆大島上空の火球は、隕石の大きさのせいか、落下角度のせいかわかりませんが、長い時間ゆっくり観ることができました。
 あれだけ光が流れる時間が長ければ、落ちついて願い事できそうですね。

プライバシーポリシー