>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 491 汗の考察

       【多汗症

走り始めから汗をかく季節になりました。

多汗症気味の筆者は、恥ずかしいくらい汗をかきます。
まだ4月なのに、20分も走れば汗が目に入って絶えられない位かきます。

真夏なんて、少し歩けばドバッーっと。
ハンカチじゃ全く足りず。タオル2本とデオドラントは必需品。
周囲の人に心配されるほど。

そう、「多汗症」ぎみなのです。

ちなみに多汗症には、汗の吹き出方で「全身型」と「局所型」に分かれるそうです。
そして、それぞれの型に体質が原因の「原発性」、神経疾患や感染症など、病気による「続発性」という分け方ができるそうです。
制汗剤や薬の服用、注射を打つなどの治療法があるようです。

筆者のタイプは「全身型-原発性」。
治療するほどではないかなぁ。

冬の汗、夏の汗。
匂い方が違います。
個人的には夏のほうが臭う印象ですが、一般的には冬の方が臭うらしいです。
人には2種類の汗腺があります。
「エクリン腺」から出る汗は水分が中心で、「アポクリン腺」から出るミネラル等を含んだ汗がどうも臭うらしいです。
夏と違って冬は全身からではなく、匂いやすい脇の下から汗をかきやすいからだそうで。

この記事書いていて気づいたんですが、「汗(あせ)」と味噌汗の「汗(しる)」。
字が一緒なんですね。
味噌汁=味噌の“あせ”。
あぁ、考えたら味噌汁飲めなくなりそう。

【参考にした本】
『みんなある 相談しづらい 受診しづらい体のお悩み』

プライバシーポリシー