>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?! 120 人生、諦めが肝心? 「諦める力」

              【『諦める力』という本】

 刺激的なタイトルですが、中身も非常に刺激的でした。
 
著者は元陸上競技選手の為末大さん。
 冒頭の内容を一部ご紹介します。

「諦める」という言葉の語源は「明らめる」

 仏教では、心理や道理を明らかにしてよく見極める、という意味で使われ、ポジティブなイメージをもつ言葉として扱われているそうです。

手段を諦めることと目的を諦めることの違い

 著者は、100m走から400mリレーに転向しました。
 レースに勝つことが“目的”。
 勝てる見込みのない100m走を諦めての転向ですが、種目を変えることはレースに勝つ“手段”を変えたということ。
 自分には不向きだということが「明らかになった」という解釈です。
 「ここまでやったんだから」「ここで辞めたら今までが無駄になる」と考えがちですが、間違った手段を取り続けること自体が“無駄”。
 自分はどのようになりたいのか、そのためにはどうすれば良いのか、を考え見極める事が大切なのかもしれません。
 「自分は大器晩成かもしれない」という思い込みは、無駄な努力を続けるきっかけを作っているのかもしれません。

世の中には、自分の努力次第で手の届く範囲がある

 裏を返すと、どれだけ努力しても、手の届かないことはいくらでもあるということ。
 成功者に憧れるのは自由ですが、自分の身の程を知らず、闇雲に努力しても徒労に終わるだけ。
 筆者は、“「自分の憧れが成功を阻害する」可能性をドライに認識すべき”と記しています。

・・・という感じで、続きます。

<ひととおり読んだ感想>
全編に渡り冷静でドライ、無駄のないストレートさを感じました。
 哲学書のよう。
 自分の人生を振り返り、痛みを覚えることもしばしば。
 “そのとおりだと思うけど、ちょっとキツくね?”というのが、正直な感想。
 10代で、遅くとも25歳くらいまでに読んでおきたかった、と思ってしまう本でした。

 次は、続編として出ている『逃げる自由』を読んでみようと思います。

Audible(オーディブル)の登録はこちらから

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

諦める力 勝てないのは努力が足りないからじゃない / 為末大 【本】
価格:1650円(税込、送料別) (2020/4/29時点)

楽天で購入

 

プライバシーポリシー