>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!320 一年間燃やし続けてた聖火のリレー

          【聖火リレー

f:id:slickrun:20200323070047j:plain

 延期となっていた東京オリンピック聖火リレーが始まりました。

 聖火の由来ですが、もともと近代オリンピックでは、聖火というのもはありませんでした。1928年のアムステルダム大会で、火を灯し続ける案が採用されてから、今に至りるそうです。

 その聖火ですが、またギリシャから運んでくるのかと思いきや、去年の3月20日、専用塗装された日本航空ボーイング787航空自衛隊松島基地に届いた聖火を、一年間燃やし続けて保管していたそうです・・・。

 期間は3月25日から7月23日。
 さすがに”東京”と名がつくだけあって、東京都内は島嶼も含め6日にわたり細かく回る予定になっています。

 走行者は約1万人。一人あたりの走行時間は約2分だそう。

 市区町村をリレーで繋ぐのではなく、市区町村ごとに車で移動するとのこと。目立つ要所だけを人によるリレーで繋ぐということですね。

 同じ聖火が、ひと繋ぎで回ると思っていましたが、実はそうではないらしいです。
 あらかじめ「親の火」「こどもの火」を分けて用意し、遠隔地には「こどもの火」を使うとのことです。

 公式サイトに日程、場所が細かく記載されています。

 ご参考まで。

参考URL:聖火リレー|東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト

プライバシーポリシー