>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!226 一言で表現するなら、“特殊”な映画

        【ギルティという映画】

 ランニング後、ストレッチしながら鑑賞。

 2018年に公開されたサスペンス・スリラー映画。
 THE GUILTY(ギルティ)。

 評価が高かったので、気になっていました。 

 1時間32分、最初から最後まで時間が繋がっていて、ずっと同じ場所。
 視覚的な動きは、ほとんど無し。
 主役の顔が写りっぱなし。
 展開は、“音”“声”で判断するので、音声をそのまま聴き取れればよかったんでしょうけど、デンマーク語なので全く分からず。字幕を必死に追います。

 訳あって緊急ダイヤル(日本の110番)のオペレータ業務に就く、主役のアスガー。
 真っ直ぐな性格が災い(?)して、オペレータ業務の枠を超えて事件に絡んでいく。

 判断材料は、レシーバーから聴こえる音と声。
 想像力を膨らませ、手段が限られた中で事件解決に尽力する。

 私ならここまでやらないのになぁ、と思いながら、昔担務していたコールセンター業務を思い出したりして、最初から最後までワクワクしっぱなしでした。

 現場で起こっている事件が、問題を抱えているアスガー自身の心理を変えていく。

 制作にお金がかかって無さそうですが、それでも知恵を出せばこれだけ面白い映画が作れるんだな、と妙に関心してしまいます。

 後味は良く、また同じようなタイプの映画を観てみたい、とも思いました。

 オススめです。

Amazonプライムで『THE GUILTY ギルティ』を観る

プライバシーポリシー