>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 402 何事も、舐めてかかってはいけません

          【チャートの乱高下】

友人に勧められて始めたFX。

先週金曜は、月に一度のお祭りだからと誘われたのが、米雇用統計。
平日ですが21時30分なので、仕事に邪魔されることもない、ちょうど良い時間です。

FXキャリアの長い友人曰く、素人でも稼ぎやすいといいます。
友人からのアドバイスは下記の3点。

  • ユーロドル反応が素直なドルストレートを選べ。
  • 注文と約定が大きくずれることがあるから、予めスリッページを設定してストリーミング注文しろ。
  • グワッと大きく伸びたら、一度は必ず戻るから、逆張りを狙え。

何だが、簡単そう。

ドルストレートとは、米ドルが絡んだ通貨ペアのこと。 
スプレッドが狭くて、馴染みのあるドル円を選びます。

21時20分。
パソコンでチャートソフトを開き、ドル円を1分足に設定。
スマホの注文アプリを立ち上げ、準備完了。

そして、21時30分。
それまで、穏やかだったチャートが、突然下に伸び始めます。
このローソク足、どこまで伸びるんだ?どこでエントリーしたらいいんだ?
思い切ってアプリで注文操作しましたが、うまくいきません。

やっと成約したと思ったら、数値がどんどんマイナス方向に嵩んでいきます。
大きく上下運動しているローソク足
とつぜん急加速した車のブレーキを思い切り踏みつけるように、決済ボタンを押下。
約定金額、マイナス4,250円・・・十数秒での出来事でした。

その後、ボーッとチャートを眺め、気づけば22時30分。
1時間、チャートを見続けて、得るものなし。
アプリでなかなか注文されなかったのは、スリッページが狭すぎたためのようです。

素人が簡単に稼がせてくれる世界ではないと分かっていましたが、勉強が足りなすぎました。

何事も、舐めてかかってはいけない・・・最悪の気分で土曜の朝を迎えながら改めて痛感。

プライバシーポリシー