>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 528 絶妙なカーブ

      【国立新美術館

現在「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡」が行われている国立新美術館に行ってきました。

今回は展覧会の内容ではなく、建物について。

美しい建物です。
なだらかな曲面を描く建物外観。
まるで、窓際のカーテンが微風に揺られているかのようです。
ここ国立新美術館は、黒川紀章が設計した美術館だそうです。

因みに建物正面、謎の円盤の下は傘の保管場所でした。

直下から見上げると、膨らみがあるのがわかります

館内も当然、波打ってます。

「スクエアな方が隅々までムダなく使えるのに」なんて思ってはいけません。
“アート”ですから。

それにしても、天井高いです。

特に気に入ったのはこのアングル。
この上に、カフェがあります。
カフェが、まるで宙に浮いているかのよう。

館内にはいくつもの椅子が置いてありますが、位置によってその種類が異なります。
どれも座り心地の良い椅子ばかり。
特に気に入ったのがコレ。

周囲の建物との、明らかな異質感が楽しい。
今回は、展覧会を観た時間以上に建物見物に時間を費やしてしまいました。
今度は、暗くなってから照明が灯った建物外観も観てみたいなぁ。

国立新美術館
展覧会の絵を観るだけじゃもったいない。
建物の観察も、強くオススめします。

国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO

プライバシーポリシー