>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 522 飛行物体に注意

       【蝉来襲】

暑い季節、ランニングは日照りを避け、夜間か早朝を選んでいます。

最近は、セミの声に混じって鈴虫など“秋”の虫の声も聴こえてくるようになりました。

鈴虫は良いとしても、うるさいのはセミ
尖った、耳をつんざくようなサウンド
彼ら(彼女ら?)は、昼夜構わず鳴き続けています。

最近気づいたんですが、木が生えている場所を通っても、セミの声が聴こえてこなかったりします。
そして、集中して止まっていそうな木も存在しています。

セミが止まりやすい木というのがあるそうで。
いくつかのサイトでは「シマトネリコ」が紹介されていました。

そんな木の下を通ると、よくぶつけられます。
セミの体当たり。
これが結構痛い。
重さはそれほどでもないのに、身体が硬いせいか、“バチッ”と指で弾かれたような痛さ。

そして、気持ち悪さ。
大人になって、虫が触れなくなってしまったので、あの、ゴキブリ以上に巨大な虫が自分の体に接触するというのは、かなり不快です。

セミの群生している場所を走らなきゃいじゃないか、ってことになりますが。

信号を避けてランニングするとなると、どうしても大きな公園付近を選ぶことになってしまい、毎年、悩まされている次第です。

でも、他のランナーは襲われている気配は無し。
私は、セミに襲われやすい体質なのでしょうか・・・。

プライバシーポリシー