>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!56 ママチャリ ロングライド

         【ママチャリで】

   自宅から実家まで、電車を乗り継いで約1時間30分。

   車道で測ると約30km。

   気分転換とトレーニング、節約のため自転車で。

   荷物を運搬しなければならなかったのでロードバイクは使わず、ママチャリで行くことにしました。

セッティングは重要

 ・サドルの位置:足全体を有効に使えるよう、目一杯上げた位置に固定する。

 ・タイヤの空気圧:接地面の摩擦抵抗が少なくなる様、パンパンに空気を入れる。

漕ぎ方も重要

 ロードバイクやマウンテンバイクは、ペダルと靴を固定します。踏み込むだけでなく、引き上げる力を利用することでペダルを”回す”ことが可能になります。

   因みに、足が太くなったり膝に負担をかける原因は、ペダルを踏み込む動作なのです。

   ママチャリにはペダルと靴を固定する金具(ビンディング)が付いていないため、“回す”動作は不可能ですが、意識的に腿上げをするイメージで漕ぐことによって踏み込む側のペダルが軽くなり、スピード増に繋がります。

水分補給

   ペットボトルを用意。

   ロードバイクならボトルゲージ(自転車のフレームに飲料を固定するためのラック)に差し込むところですが、ママチャリには無いので前カゴに放り込みます。

とりあえず、走り出す

   北北東の風が5m。砂埃が舞っている中で漕ぎ始めます。いきなり向かい風に煽られましたが、引き返したい気持ちをこらえます。

   東京23区をぐるっと一周する環状七号線をひたすら走るコース。

   車だとあまり気づきませんが、都内は坂が多い。

   自転車は車道が原則ですが、歩く速さしか出ない上り坂は、歩道を走らせてもらいます。 

   走ったのは平日の朝。通勤チャリがやたらと多い。

   皆さん毎朝使う道だからか、歩道と車道も使い分けは絶妙。

 終始、面白みもなく、ひたすらストップ&ゴーを繰り返すこと1時間40分で目的地へ到着。時間的には徒歩&電車とあまり変わらず。

   でも、痛い、とにかくお尻が痛い。

   柔らかいママチャリのサドルでも、パッド入りパンツを履かなきゃダメか。

やっぱりママチャリは長距離には向かない

   私の持っているロードバイクが約9kg。

   今日のママチャリは約20kg。

   倍の重さです。

   重ければトレーニングになると思ってふざけ半分でママチャリにしましたが、残ったのは変な疲れだけでした。

 自転車の持ち味は軽快感。荷物を背負ってまでも、素晴らしい軽快感が味わえるロードバイクにすべきでした。

   トレーニングにも適度な楽しみは必要ですね。

 それにしても、道路も拡幅もせず左車線に書いただけの自転車道。怖くて走りにくくて。何とかなりませんかね。

プライバシーポリシー