>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!⑬ 【必読】ダイエットにも有効?『最高の体調』という本

       【「最高の体調」という本】

 ランニングとは直接関係ない話をひとつ。

 久しぶりに友人に会ったら、首から下が別人になっていました。

f:id:slickrun:20200619192716j:plain

 驚いた。

 以前は太ってい友人でしたが、白米を辞め、根菜と肉中心の食生活に変えてから3か月で割れた腹筋を手に入れたとのこと。

   体調も良くなった、とも。特に運動もせず、食べるものを変えただけで。

 彼は、自力で“結果にコミット”したんだ。

 その驚きが、ちょうどその頃読んでいた本と重なりました。

      【最高の体調(鈴木祐 著)】

 著者も、精製穀物を減らし野菜、魚を増やしサツマイモを主食にしたら体質を改善できた、と書いてあります。

 うつ病や、肥満や、慢性疲労、モチベーションの低下、弱い意志力など、元は一本の線で繋がっており、それらは「文明病」ということだそう。

   「古代人」は現代人よりはるかに健康だったらしいですが、旧石器時代の食生活を送ることなど、現代社会の仕組みの中では難しい。

   生活習慣病には食生活を変えるべき、なのは分かりますが、日々の忙しい中で外食しようと思うと、限られた時間と手頃さからファーストフードに流されてしまいます。

   この本では食生活だけでなく、様々な視点で体調改善のための施策を解説しています。

   様々な本を一つに纏めたような内容。ダイエットのためにも参考になる、と感じました。

   もちろん、頭で理解しても実践しないと意味はありません。

   食事の改善が必要ということで家族を巻き込み、いきなりパンや白米ではなくサツマイモを主食にする、というのは難しいですが、徐々に比率を変えていくということは出来そうです。

 まずは、今日の昼食、どうしようかな。

Audible(オーディブル)の登録はこちらから

プライバシーポリシー