>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!62【お勧め】楽して真っ黒 経済的 リンスと併用 白髪染め

              【白髪染め】

 運動不足は老化の原因なのでは?と、ランニングを続けていますが白髪化は治らず。

f:id:slickrun:20200620161314j:plain

 運動が習慣化したら白髪が改善するという話は聞いたことがありますが、私の場合はあてはまらないのかも。

 短髪にしているので、放っておくと頭が"ごま塩”になってしまうのが悩みでした。

 染めてから1週間ほどで、生え際の白さが目立ち始め、週に1度のヘアカラーが欠かせませんでした。

 手間が掛かる作業を何とか楽にしたくて、リンス型を併用する方法で解決。

 今は、手がかからず経済的な方法で毛染めを継続しています。

月に1回、ヘアカラー

 散髪後のタイミングで、自宅でヘアカラー作業。

 放置時間が5分と短く、チューブ入りで小出し使用できるタイプ。

 同じような商品が数種類ありますが、値段は似たりよったりなので、小出しできて、いちばん放置時間の短いタイプを選んでいます。

 短髪のため少量で済み、1箱で4回は使えています。

 自分で行うと、どうしてもムラが出来てしまうので、まんべんなく行き渡っているかを誰かに見てもらう必要はあります。

毎日のリンス代わり

   シャンプー後のリンスとして使用するもの。

   私は放置時間の最も短い商品を使っています。

 シャンプーの後、水分を拭き取ってから適量を髪に馴染ませます。身体を洗いながら3分間放置したら洗い流す、というもの。

 メーカーの説明では5回使用でその効果が現れる、と書いてあります。

 ヘアカラーを併用していることもあって、継続してしっかり染まっています。

使用後の注意点

 <ヘアカラー>

 どんなに気をつけても周囲に飛んでいます。色素は乾くと落ちないので使用後は周囲を拭いています。

 <リンス型>

 ヘアカラーと比べて染髪力は低いとはいえ、日々使用することで風呂場のタイル目地が変色していきます。

 最後はしっかり洗い流していますが、白いタオルで拭くとうっすら黒く変色します。よって、風呂上がりは濃い色のタオルを使用するようにしています。

 1本で2ヶ月は使えています。

まとめ

 床屋や美容院で染めてもらっても、髪が伸びるにつれて白さが目立ってきます。

   日々の"メンテナンス”により目立たなくさせることができるこの併用方法。おススメです。

 家族から文句を言われないためにも、軽く掃除をするなど、色素の付着には気をつけましょう。

プライバシーポリシー