>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!60 メリットたくさん!朝型生活

         【早起き】

 久しぶりの出勤前の早朝ランニング。

 前日、仕事が捗らなくて、気持ち的にモヤモヤしていたので早く寝床につきました。

 夜明け前の5時に起きて、早速着替えて出発。

 アイデアが出てこないとき、悩みで壁にぶつかったときは、たまにやります。

 "早朝ラン”の日は、出勤後も朝イチから飛ばしていけます。

 しかし私の場合、夜7時頃には「電池切れ」してしまいます。長時間体力が持続しません。

 ですので、夜遅く残業する場合は厳しい。短時間決戦用の手段です。

 私なりに早起きをランニング視点で考えてみると、

早朝だと、歩行者はまだ少ない

 私の走る5時台6時台は、まだ歩行者も少なく、走りやすい。

日の出が見れる

 仕事のある平日だと、夕焼けが見れる時間に走ることができません。朝なら確実に日の出の美しい風景を鑑賞できます。

神社でお参り

 別に信心深いわけではありませんが、朝、神前で手を合わせることで、その日を気持ちよくスタートさせられる気がします。

ランニングスケジュールを確実にこなせる

 夜ランニングを計画していても、突発的な仕事、飲み会の誘いで走れないことがありますが、朝なら確実に時間を確保できます。

 会社の始業時刻が9時だとすると、1~2時間の余裕が出来ます。何をするにも頭が冴えていて有効な時間です。

 私の場合は、家でゆっくりするのではなく、すぐ出勤します。

 電車が空いていて、快適です。

 そして、誰もいないオフィスで仕事を始めます。

 深夜のオフィスは、毎日必ず数人の社員が残ってますが、早朝は私だけ。静かで頭も冴えていて捗ります。

  早起きの経営者としては、スターバックスの元CEOハワード・シュルツや、アップルのCEOティム・クック、同社創業者のスティーブ・ジョブズなどが有名ですね。

  夜型にも利点があるのでしょうけど、私としては朝型が体質に合っているようです

 早朝ランニング、おススメです。

f:id:slickrun:20200620160129j:plain

 

プライバシーポリシー