>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!52 雨の日 晴れの日 どっちが多い?

            【走れる日の比率】

 「だって、走ろうとしていた日が雨だったからさあ」と、走ろうとしない友人の言い訳。

 私は、多少の雨なら走ってしまいますが、雨量が多かったり、雨の日が続く梅雨や台風の季節は、思いどおりに走れずストレスがたまります。

 一年のうち、雨、雪が降らない日数ってどのくらいあるんでしょうか。

 tenki.jpから2018年、2019年の天気を拾い出し、東京で雨(雪)が降らなかった日を集計してみました。

2018年 260日

2019年 221日

  ここから、雨(雪)が降らなかった日の比率を出してみると、

2018年 71%

2019年 61%

 比率の低い2019年でも、4割以上は雨(雪)が降っていなかったということ。

 私の場合、走るのは3日に1度なので、天気が理由で走れない、とは言えないことになります。

 東京は数日間積もるほどの大雪は無かったので、天候記録通りに走れる日があったということになります。

 余談ですが、「晴れ」の定義ってご存知ですか?空の20%~80%が雲に覆われている状態を「晴れ」といいます。

 因みに、雲の割合は、予報官が空を見上げて目分量で観測しているそうです。

 東京は、ランニングを趣味としている私にとっては良い環境なんだ。

 では、今日も走ってきます。

 天気と体調の関係 ⇓

それでも走るか?!53 - slickrun’s diary

 黄砂とPM2.5 ⇓

それでも走るか?!54 - slickrun’s diary

プライバシーポリシー