>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 516 無機質に続く歩道

    【臨海エリアランニング】

休みの日、普段走らない場所でのランニングは最高の気分転換になります。

今回は、臨海エリアに行ってみました。
りんかい線天王洲アイル」駅からスタート。

運河沿いから、道なりに大井ふ頭方面へ。


日曜の朝。
人に会わない、すれ違わない。
休日だからでしょうか、人の気配がしないエリアです。

動いているものは、かたわらの広い道路をビュンビュン飛ばすクルマだけ。
朝早いという理由だけではなく、用がある人が少ないから人がいない。
無機質に続く歩道。


かすかに漂う潮の香りが、海から近いことを思い出させます。
微妙にデコボコしていて、枯れ草が路面にこびりついています。
雨で濡れたら滑りやすくなりそう。
足元に気を使うコースです。

風景がつまらないので、引き返すことにしました。

途中、「品川清掃作業所」のかたわらを通ります。
すると、見慣れない表示版を見つけました。

ゴミ焼却で排出される煙の有害物質量を示す表示版でしょうか。
せっかくの“情報開示”ですが、調整中のため詳細わからず。 

道路と運河をまたぐ、橋の上の歩道。
車道を何本か横切ります。
歩行者用の信号がなく、ゼブラゾーン表示もない、めずらしい横断歩道。

モノレールと首都高速の高架の間の隙間。
なんだか妙に萌えてしまいます。

 スタート地点あたりに戻ってきました。
四方がビルに囲まれた、ある意味、無機質な風景。
相変わらず、ひと気はありませんが、妙に落ち着きます。
道幅が広く、フラットな路面はすごく走りやすい。

非日常的な環境でのランニング。
すごく気分転換になりました。

プライバシーポリシー