>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!98 【お勧め】快眠 疲労回復 低反発 枕選び

             【枕の話】

 ランニングなどの運動習慣も大切ですが、効果的な睡眠も健康には欠かせません。

 睡眠により、しっかり疲れをとる。

 今回は、快適な睡眠には欠かせない『枕』について。

低反発枕

 快適さを売りにした低反発枕を10年ほど使用。

f:id:slickrun:20200621133242j:plain

 低反発枕の寿命は2~3年とメーカーサイトに記載されています。

 2~3年というのは広告の謳い文句とはいえ、10年どう考えても使い過ぎかなと。

 購入時よりも真ん中の凹み部分が陥没してきています。

 夜中に起きてしまうのは枕のせいかな?

 買い換えることにしました。

NASAの認定

 そんなときに買ったのが、テンピュール

 NASAテンピュールマットレスと枕を公式に認定している、と謳う広告に魅せられました。

 数種のサイズが用意されているということなので、実物を見に実店舗へ。

 店員さんには、マットレスとの同時購入を勧められましたが、買ってから5年ほどしか経っていなかったため、枕のみを購入することにしました。

(因みに、マットレスの寿命は10年だそうです。)

 オリジナルネックピロー。高さ10cmの“M”を選びました。

使い心地

 使い始めて3年が経ちました。

 購入直後は、高さが、ちょっと足りない気ががしました。

 店舗で実際に寝転がり、試してみたのですが・・・。

 自宅で使用しているマットレスの硬さで身体の沈み込み加減が変わるため、持ち帰って寝てみるまで分かりません。

 交換を考えましたが、“L”は高さ11.5cm。

 購入したサイズは「若干低いな」と感じる程度です。

 高すぎても、低すぎても疲れは取れず、むしろ肩こりの原因になるといいます。

 高すぎても困ると考え、許容範囲として“M”を使い続けることにしました。

 さすがに低反発を売りにしているだけあって、頭の沈み込み加減は絶妙。

 私は、右を下にして横を向いて寝るのですが、“ほっぺた”を覆うようにジワッと沈む感覚がタマラナイのです。

 低反発枕の寿命の年数は経ったものの、劣化の気配はありません。

 もう暫く使って、テンピュールマットレスと一緒に買い換えるのも良いかも。

 まあ、安い買い物ではないので、その時の懐具合にもよりますけどね。。。

 テンピュール、オススめします。

プライバシーポリシー