>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 349 両立って、むつかしい

       【『運び屋』】

 クリント・イーストウッドの監督、主演作品。

  2018年公開の『運び屋』という映画、Amazonプライムビデオで観ました。
 クリント・イーストウッドの作品といえば、『ミリオンダラー・ベイビー』や『グラン・トリノ』など、ちょっと後味の悪~い作品もある印象。

 今回も“警戒”しながら観てみました。
 まあ、“運び屋”っていう題名からして、あまり良い終わり方はしないだろう、と予感していましたが。
 意外に、後味の良い終わり方。   

 「愛してる?昨日より今日はもっと?」
 「明日ほどじゃない」
 病床の奥さんとの会話が印象的でした。

 麻薬取締官の目的としては、麻薬カルテルの摘発だと思いますが、映画では、運び屋である主人公(アール)が逮捕され裁判にかけられ有罪となるところで終わっています。
 個人的には、肝心の麻薬カルテルは摘発されたのかが気になるところ。

 それにしても。
 この映画のテーマである、家庭と仕事との両立。
 昨今、テレワークが浸透して、家族と顔をあわせる機会が増えましたが、逆にギスギスしたり。
 やっぱり家庭と仕事の両立って、難しい気がします。

 中盤あたりから、なんとなく落としどころは想像できてしまって。
 実話が元になっているから、故意に、大きく趣向を凝らすのは難しいということでしょうか。

 クリント・イーストウッド本人の出演は、『グラン・トリノ』以来、約10年ぶりだそうで。
 クリント・イーストウッドの娘さん(アリソン・イーストウッド)も出演してますし。
 人生のやり直しに間に合った。
 ある意味、ハッピーエンドな映画。

 オススめです。

プライバシーポリシー