>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 348 手軽で簡単な”くつ下”の延命措置

        【補修布】

 ランニングは、靴下の劣化を早めます。

 穴が空くのは、かかとや指先。

 ランニングでは、五指を動かせやすい五本指ソックスを愛用しています。
 特に5本指ソックスは、指先に穴が空きやすい気がします。
 爪は短く切っているつもりですが、指先に穴が空きやすい印象です。

f:id:slickrun:20210513081918j:plain
 消耗品だと割り切っていますが、気に入った靴下は補修して長く履きたいもの。

 そこで、ダイソー(100均)で見つけた『補修布』で、さっそく補修。

f:id:slickrun:20210513080919j:plain
 色は3色(白、紺、黒)。

f:id:slickrun:20210513081257j:plain
 補修手順は、

  1. 靴下を裏返しにしておく
  2. 補修布を、ふさぐ穴より大きめにカットする

    f:id:slickrun:20210513081241j:plain

  3. 接着面を穴にあて、アイロンで15秒程度、熱圧着する

    f:id:slickrun:20210513080855j:plain

 仕上がりは、こんな感じです。

f:id:slickrun:20210513081220j:plain

 意外にガッチリくっ着いて、補修布の部分が少し硬くなっている印象です。

f:id:slickrun:20210513081231j:plain

 さっそくランニングしてみた感想。
 糸で縫い合わせると、縫い合わせた部分が小さくなるので窮屈になりますが、補修布だと違和感はありませんでした。
 多少、指先が固く感じる程度。
 途中で剥がれたりズレたりすることはありませんでした。

 穴が空きやすい親指や、かかとに予め接着しておく、という使い方も有効かもしれません。
 あとは、使用と洗濯を繰り返して、どれだけ持つかですが。
 一ヶ月に1足は穴が空いてしまうので、少しでも延命させられれば助かります。
 一時的な延命措置ではありますが、手軽でよい方法ではないでしょうか。

 

プライバシーポリシー