>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 444 ソーシャルディスタンスは・・・

       【ゴッホ展】

一応観ておくか。

土曜日。
上野の街は人だらけ。
開催から2ヶ月経っているし、予約制だから混み方も少しは落ち着いてるかな、と思い、出かけました。

東京都美術館で開催中の『ゴッホ展』。
さすが、大人気。

え?混みすぎでしょう。
これでも人数制限してるの?

並ばなきゃ目の前で観れないな、と思いながら、何となく壁伝いの最後尾?に立ってみます。
並んでいるような、いないような。
なかなか列が進まない。
すこしづつ、少しづつ進んで、やっと絵の目の前に。
横から頭が割り込んできます。
狭いところを子供が無理やり割り込む。
秩序がありそうで、ない、無法地帯。
ソーシャルディスタンス?ここでは何の役にもたたない言葉のようです。

内容としては、オランダのクレラー・ミューラー美術館の所蔵品が中心でした。
作品数は70枚ほど。

ひととおり観てまわって。
ミュージアムショップもっとスゴイ。
デパートの初売り状態を思わせる、ひどい混みようでした。
商品すら、近くで観れません。
スーパーで買物しているように、沢山の商品を買い物かご入れてまわる人。
絵ハガキを物色しまくっている人。
人人人・・・。

そういえば、コロナ禍前は、どこもこんな感じだったんですよね。
しばらく忘れていました。
次は「オミクロン株」・・・。
感染者数が落ち着いている、いまのうちかもしれませんね。

ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント|東京都美術館

プライバシーポリシー