>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 486「なにこれ!?」が頭の中を駆けめぐる

 【Chim↑Pom「ハッピースプリング」】

Chim↑Pomという6人のアーティストグループの企画展「ハッピースプリング」を観に、六本木の森美術館に行ってきました。

開場は2層構造になっているエリアがあり、スロープや階段で自由に行き来できるようになっています。これも『道』と呼ばれるアートの一種だそうです。

f:id:slickrun:20220330205419j:plain

蓋の開いたマンホールがもう一箇所。
上から見下してみると・・・

f:id:slickrun:20220330205414j:plain
なんともいえない雰囲気。
金縛りにあったみたいに、しばらく、目を奪われていました。

渋谷に徘徊するネズミを捕まえて金色の剥製にした『スーパーラット』

f:id:slickrun:20220330205430j:plain
スーパーラットとは、ネズミ駆除剤を撒いても効かない、パワーアップしたネズミだそうです。

すぐ横にあったジオラマ

f:id:slickrun:20220330205425j:plain

荒廃した街の片隅にも巨大な『スーパーラット』が。

訪問は土曜日、激混みではありませんでしたが、作品の前にはそれなりに人集りができていました。

ゴミ袋に入って、ゴミになった気持ちになれる『ゴールドエクスペリエンス』という、予約制の体験型作品があります。
筆者訪問時は、3時間先まで予約が埋まっており、断念しました。
現地に行ってからの予約なので、体験したい場合は早い時間に行った方がよいかもです。

軽く見て回って一時間ちょっと。
一つひとつの作品を丁寧に観てまわると、3時間以上はかかるんじゃないかと思えるほどのボリューム感でした。

芸術って、創る方も観る方も体力勝負だったりします。
ほんと、痛感。

(記事中の写真は「クリエイティブ・コモンズ表示-非営利-改変禁止4.0国際」ライセンスにより許諾されています)

|Chim↑Pom展:ハッピースプリング | 森美術館 - MORI ART MUSEUM

 

プライバシーポリシー