>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

 それでも走るか? 383 暑さとランニング

        【WBGT】 

 暑いです。

 梅雨が明けたと思ったら、突然暑くなりました。
 洗濯物が乾きに難かったり水害の原因になる雨が多い季節よりは、ギラギラした暑さの方がまだマシかもですが。

 暑くても、走ります。
 習慣なので。

 熱中症リスクが高まる目安として『WBGT』があります。
 Wet Bulb Globe Tenmerature。“湿球黒球温度”。
 温度基準は4段階。
 ランニングにおいて、特に気をつけるべきは「厳重警戒」と「危険」。
 「危険」の目安は、「すべての生活活動でおこる危険性」と定義付けされています。
 昨年(2020年)の7~9月の3ヶ月間、東京の「危険」は、7月に1日、8月にはなんと24日間!
 8月ほとんど「危険」でした。
 ランニングは趣味であり仕事ではないので、走らないのが一番安全ですが、習慣づいているとストレス溜まって、そうもいかないんですよね。

 筆者は、去年も普通に走っていましたが、日差しの弱い日の出直後を狙って約1時間。
 まず走行前に、ジョッキ一杯の水を飲み、塩飴を口に入れ、予備に1個をポケットに。
  カチカチに冷やしたボトルと、冷感タオルも携帯して。

【参考】http://環境省熱中症予防情報サイト 暑さ指数とは? (env.go.jp)

プライバシーポリシー