>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 378 たまには絵画でも・・・

   【ランス美術館コレクション

 絵画に関しては、全くのド素人ですが。
 友人に誘われ、行ってきました。

 場所は東京、西新宿。
 地下道を歩き、新宿エルタワーで地上へ。
 道路を挟んだ正面。
 SONPO美術館です。

 フランス、シャンパーニュ地方にあるランス美術館の所蔵する風景画を集めた展覧会。
 19世紀のフランス人風景画家コローの作品を多く所蔵していることで有名だそうです。
 訪問は日曜午後。当然のように、混んでます。
 追い立てられるように、横移動。
 有名な絵画の前は、人集りが。
 肩越しにチラッと観て、空いている隣の絵画へ移動。
 風景画って、観ていると、没入感というか、絵の中に入ってしまったかのような感覚を味わえて面白いんですが・・・追い立てられるように動きながら観ていると、 なかなかその感覚を味わえなくて。
 もしも叶うなら、椅子に座って正面からゆっくり時間を掛けて眺めていたい。

 1時間ほどかけてひとまわり。

 「ああ、さっきの絵もう一回観たいなあ」と思っても、逆行は許されませんが・・・物販コーナーに入る自動ドア手前には、「もう一度ご覧になりたい方は、自動ドアを通過せず、左手のエレベーターを利用してください」と貼り紙がありました。
 とても良心的な展覧会だと思います。

 写真でご紹介したいのですが、あいにく、撮影禁止でしたので、ご覧のとおりこのブログは文字ばかりになっています。
 私のような、普段、絵を観る習慣がなくても、実物を生で観ると何らかの思いが心に残ります。
 それにしても、普段やらないことをやるって、大きな気分転換になりますね。
 『ランス美術館コレクション
 2021年9月12日まで。
 SONPO美術館にて。

 ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ

プライバシーポリシー