>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?! 199 こんなところに、蟹が?!

            【河川敷に蟹】

 多摩川土手沿いに南下し羽田空港に出るランニングルート。

 首都高速大師橋を過ぎた河口付近で、珍しい生き物に出会います。

 “蟹”です。

 見かけたのは過去に3回ほど。
 たまにしか遭遇しないのと、移動速度は意外と速いので写真を撮りそこねています。

 身体が赤い蟹。
 煮られている途中で鍋から逃げ出してきたかのような、赤い蟹。

 蟹といえば海岸で見かけるものなので、河川敷でみかけるのは珍しい、と思っていました。
 調べてみると、海に近いから、ということだけではなく、河口付近に広がる干潟に生息しているようです。
 海辺の干潟と聞いてまず思い浮かべるのは“シジミ”。その他、ソトオリガイ、トビハゼ、ゴカイ、フナムシ、そして8種類もの蟹が生息しているそうです。

 私が遭遇したのは“ベンケイガニ”。
 この種は、普段は水辺からあまり離れないところで生活しているそうなので、たまたま遠出してたんでしょうか。

 更に、ネットで調べてみると2019年にこんな映画をやってたようです。

東京干潟 | 蟹の惑星【公式サイト】

 多摩川河口でシジミを取って生活しながら、蟹の生体を観察する老人の話。

 映画紹介のサイトには、おびただしい数の蟹で埋め尽くされた干潟の写真が。
 ちょっとキモくて、ひきます。

 まあ、これだけいれば、間違えて土手に登ってくるヤツがいても、おかしくないでしょうね。

参考URL:https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/sumaimachinami/kankyou/hogo/kawatohigatanomitichousa.files/kawatohigatapanfu.pdf

f:id:slickrun:20200711092557j:plain

プライバシーポリシー