>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!107 【お勧め】熱い友情 逆転もの 刺激とストーリーに満足

         【フォードvsフェラーリ

 自宅でストレッチしながら、何気なく観始めた映画が激面白かったので紹介します。

 元レーサとしてル・マン24時間レースでアメリカ人初優勝を遂げたカーデザイナーのキャロル・シェルビーと、凄腕ドライバー、ケン・マイルズが中心となり、ル・マンの王者、フェラーリに戦いを挑む実話に基づいた物語。

 フェラーリ打倒が映画のメインテーマと思いきや、フォード側の政治的抗争がストーリーの中心として描かれています。

 フェラーリ社長の言葉に怒るフォード社長。
 フェラーリ社長がイタリアのマフィアのボスに見えてきます。

 営利を追求する企業と純粋に走りを追求する男達との軋轢。
 意義と目的は異なるけど、同じゴールを目指します。

 いい歳して殴り合いのケンカをするケンとシェルビー。
 自分は、本気で議論を交わすことがなくなってきたなぁ。

 フォードの新車発表イベントで関係者、来賓に向けたキャロル・シェルビーのスピーチ。

何をしたいか。知っている者は幸せだ。仕事が苦にならない。
成功するまで、とことん進む。

 立場とか、しがらみとか、数々の条件下で、結局、納得できず、“やらされ感”を持ちながら日々の仕事に追われる自分にとっては、羨ましく思いました。

 情熱を持って仕事したいものです。  

 フォードGT40は、今見てもかっこいいと思える車です。

 昨年(2019年)、限定50台、約2,400万円でレプリカが発売されていました。

 滑らかな曲線のボディは、古さを感じさせることなく美しい。

 カーレースものは、スピード感と音でテンション上がります。

 映画館で観て、爆音を身体で感じてみたかった。。。

 実話に基づくことが、ストーリーの説得力を増しています。

 ストーリーも、映像も音も満足できた映画。

 オススめです。

Amazonプライムで『フォードvsフェラーリ』を観る

プライバシーポリシー