>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 308 朝型のススメ

     【脳のゴールデンタイム】

 朝~午前中って、仕事がサクサク進みます。

 数年前に、とあるお医者さんが書いた本(脳外科だったかな?書籍名も出版年も思いだせない)に影響を受けました。
 通常、午前9時のミーティングを午前7時に繰り上げて仕事を始めるようにしたら、チーム全体の作業効率がアップした、と書いてありまして。
 脳の特性から、朝型のメリットを解説していました。

 で、ちょっと試してみたわけです。

 職場では、起床の早い年配の人や朝型体質の人、始発の電車に乗って座って来たい人など、早朝始業のニーズはありました。

 フレックス職場なのに夜重視で、朝のフレックスはありえないという雰囲気でしたが、とりあえず1ヶ月試させてくれ、と上司を説き伏せ試験実施開始。

 希望者数名で、7時から業務開始としました。

 朝7時のオフィスは静まり返っており、窓から差す朝日は心地良い。
 昇る朝日につられて、モチベーションも上昇。

 他の社員がそろう9時頃にはひと仕事片付いており、昼ころには目処がつきはじめます。
 そして、午後4時には退社するというサイクル。

 ノルマをキープでき、チーム平均時間外労働は減っただけでなく、メンバーの顔つきが変わってきたと実感できました。
 筆者は、それまで夜型だった生活を一気に朝型に変更。
 それ以来、朝型生活は続いています。

 当時の職場は、書類の内容を審査してさばいていく大量定形業務。
 そして、日あたりノルマの完全個人プレー仕事だったことも、自由に時間を選べた理由かもしれません。

 仕事に向いている時間帯は人それぞれですが、やっぱり脳の働きが活発なのは午前中。
 通勤は密を避けるべきだし。
 満員電車時間帯を避けた時差通勤をするなら、朝型シフトがオススめです。

プライバシーポリシー