>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?! 186 リード付けない犬の散歩って、どうなんでしょう

               【犬の散歩】

 土手を走っていると、3、4日に1度、散歩中の”ある犬”とすれ違います。
 もちろん、犬の散歩している人、他にもいるんですけど。

 飼い主さんは、2mほど後ろを歩いています。
 その犬、リード(紐)に繋がれていません。

 覚えてもらえたようで、私を見つけると、一目散に走ってきます。
 犬好きには、たまらない瞬間。
 テリアの一種だと思います。

 好きですが、事情があり犬を飼えず、毎晩You Tubeの犬映像で癒やされています。
 やっぱりリアル犬はいいなぁ。

   けど、ちょっとしつこい。
 飼い主がやめろと言っても、飛びかかってくることをやめません。
 この犬、言うこと聞かねーなー。
 飼い主さん、しっかりコントロールできてない印象。

 朝4:30に走りに出るのですが、まだ早朝で人もまばら、ということもあり、近くの公園でもリードを外した大型犬を走り回らせている人を見かけます。

 犬嫌いの人には、キツいですよね。
 リード付けてない犬、怖いよなぁ。

 ましてや、噛んで怪我を負わせてしまったら治療費、慰謝料・・・。

 余談ですが、アジアのリゾートが好きで、よく行きます。
 中でも、タイって、野良犬が多いイメージです。
 都市部以外で、結構見かけます。

 しかも、大型犬が多い。
 早朝、海岸をランニングしていると、前方にラブラドール並にデカいヤツが数匹。
 気にせず追い越すと、びっくりさせてしまったのか、吠えまくりながら向かってきます。
 そんな体験、何度かしました。
 嚙まれたら痛いだけでなく、どんな病気を持ってるか分からないですからね。

 話が逸れましたが、いくら賢い犬でも、所詮、言葉も常識も通じません。
 常に飼い主の立場が上であることを認識させ、コントロール下に置くためにも、リードは付けるべきだと思います。

プライバシーポリシー