>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 371 ランニング+社会貢献

       【プロギング】

 土手沿いを走っていると、早朝(5時台)だからかもしれませんが、ご年配の方をたくさん見かけます。

 ほとんどの方は、ウォーキングなのですが、中にはローペースで走っている方も。
 その中に、いつもビニール袋を持って歩いている方とすれ違います。
 ゴミを拾って、歩いています。
 業務としてやっていることではなさそうなので、いつも頭がさがる思いで見ていました。

 そして先日、見かけたのが、ゴミを拾いながら走るランナー。
 片手に手袋(軍手?)をつけてランニング。
 目標(ゴミ)をロックオンすると素早く屈んで、ほとんどペースを落とすことなく走っています。

 普通に走るより、膝まわりの筋肉が鍛えられそう。
 走りながらスクワットしてるようなものですからね。

 その日の往路で、空き瓶を発見。
 試しに拾ってみることに。
 走りながら、一回では取れませんでした。
 かなり低く屈み込まないと取れないので、バランスを崩し転びそうになります。
 屈みながら走るって、簡単そうにやっていたけど、意外に難しい。

 ネットで調べたら、「プロギング」という言葉が出てきました。
 社会貢献と体力増強を兼ねた取り組み。
 大人数でプロキングイベントを企画している組織があるようです。

 プロギングジャパン【公式】 ジョギング×ごみ拾い

 “自分のため”だけに行うランニングに、“人のため”を付け加える。
 わざわざ、そのために時間を割くこともなく、ランニングに少しの手間を加えるだけで社会貢献。
 私も、できることから始めてみようと思います。

プライバシーポリシー