>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 341 思わず手を合わせたくなる

          【早朝の太陽】

 気温13度。北東の風1m。快晴。

 最高のランニング日和です。

 暑くもなく寒くもなくて、雨が少なく、乾燥して、花粉の飛散が和らぐこの時期は、野外のスポーツに最も適していると思います。

 ランニングも然り。
 特に早朝は気持ちいい。

 日の出の時刻もどんどん早くなっていて、走り始める5時にはもう日が出ています。 
 朝、夕はなぜか大きく見える太陽。
 地表近くに見えるビル群と一緒に見えて、無意識に比較しているから、とか。
 朝陽、夕陽は赤くて“膨張色”だから、とか。
 分厚い大気の層がレンズとなって拡大して見える、とか。
 いろいろ説があります。

 そして、この時間帯の太陽は直視してもまぶしくない。
 それは、光が斜めに差し込んでくるので、直上にあるときよりも大気のフィルター層が厚いので紫外線が弱いから。

 思わず手を合わせたくなります。
 そして、無性に感謝したくなる。
 古代エジプト人が、神として太陽を崇めた気持ちが、分かる気がします。

 雲ひとつない晴天。
 朝日が、あまりに大きく、きれいに見えたので、撮ってみました。
 何も考えず、そのまま撮ってみたら、しっかりゴーストが出ていました。

f:id:slickrun:20210420083516j:plain
 大きく見える太陽。
 今日一日への期待みたいなものが、太陽を大きく見せている気がします。

プライバシーポリシー