>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?! 248 もっと公平な制度にならないのか

      【もっとTOKYO】

 2日間合計120分、ひたすら旅行サイトにアクセスしまくっていました。

 「東京を、もっと楽しもうキャンペーン」
 1泊15,000円、10,000円、5,000円など、東京在住の場合に入手できるクーポンの配布です。

 各旅行サイトや、個別の宿泊施設で受付が開始されています。

 筆者は、“楽天トラベル”と“じゃらん”でトライしました。
 結果は、やっとこさ1件予約できたのみ。

 この制度、最初、仕組みが分かりにくい。
 まあ、調べが足りないと言われればそれまでですが。

 まず、クーポン配布日時に、旅行サイトへアクセスして、クーポンをゲットする。
 ここで終わっては駄目で、すかさず予約手続きをとってクーポンを使わなければならない。
 楽天トラベルでは、クーポンをゲットできたことで満足し、予約は後回しにしていました。
 もちろん、一箇所も予約出来ず。

 楽天トラベルでの反省を活かし、宿泊先や宿泊日を予め決めて、じゃらんの11月2日10時クーポン配布に望みます。

 10時00分、サイトにアクセス。
 暫くフリーズの後、出てきた画面が・・・。

f:id:slickrun:20201103080821j:plain

 結局、アクセスをひたすら繰り返すも、同じ画面の繰り返しの中で、やっとクーポンの画面に行けたと思ったら、既に10,000円のクーポンが先に無くなっていました。

 すぐに5,000円のクーポン利用にトライ。
 すごい、同時閲覧人数が167人って出てる!
 急がなきゃ。
 タイミングが良かったのか、1名1泊の予約を1日分ゲット。

 すかさず次の予約に着手。
 今度は、何とか予約最終確認まで進みますが・・・。

f:id:slickrun:20201103080923j:plain
 次に出てくるの、はこの画面ばかり⇓

f:id:slickrun:20201103081717j:plain
 数回繰り返しているうちに、5,000円割引が消え、5,000円のクーポンも無くなってしまいました。

 それにしても、ネット環境に慣れていない人や、平日の昼間に時間の融通が効かない人には全くチャンスが無い。

 しかも、この早いもの勝ち的なノリ。

 都が補助するなら、もう少し公平性のある制度の方がよくないかなぁ。

プライバシーポリシー