>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか? 454 さむい季節の、つよい味方

    【ネックウォーマー】
本格的に寒くなってきました。

早朝のランニング。
勢いつけてベッドから出て、勢いを絶やささぬままランニングに出かけます。
早朝は空気が澄んでいて美味しい気がするし、夜明けの空が格別にきれいに見えて気分が良いのですが、寒さがツラい。
末端が寒さで痛みます。
まず手の指。
秋から冬にかけて最初に辛くなるのが、手の指。
足の指も、通気性の良いランニングシューズによって、感覚がなくなるほど冷えることがあります。
そして耳。
私は耳の保温にはネックウォーマーを利用しています。

f:id:slickrun:20211222174809j:plain
(↑パンツのように見えますが、違います)

基本的には首に巻きつけ、文字どおり首を寒さから守ります。
マスクなしでも、口の周辺に引き上げることでマスクがわりになります。

ここまでは普通の使い方。
走り出しはまだ身体が暖まっていないので、首元、口元周辺を覆って走り始めます。

徐々に暖かくなってきて、身体の動きがスムーズになってきます。
でも、最後まで冷たくて不快なのが指先や耳。
末端はいつまでたっても温まりません。

私は、ある程度身体が暖まったところでネックウォーマーを外します。
今度は上下逆にして、つまり、ひもの部分を下にしてかぶります。
前はおでこ、後は項付近まで下ろして紐を固定。
すると、耳全体を覆うことができ、冷たさで引きちぎれそうになっている耳を守ることができます。
ランニングの防寒グッズに、ネックウォーマー。
オススめです。

プライバシーポリシー