>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!90【お勧め】疲労軽減 動きやすい コンプレッションインナー

         【コンプレッションインナーシャツ】

 ランニングのとき、必ず身につけているのがコンプレッションシャツ。

 ワコールのCW-Xを愛用して、もう10年です。

 今ではコンプレッションインナーは様々なメーカーから出品されています。

 安いものではアジア製の1,000円前後から。

 私が初めて手にした頃は、あまり世に出ておらず、ワコールの製品が先駆けだった気がします。

 今の製品はタイで製造されているようですが、当時は日本製でした。値段も今より高かった記憶があります。

 170cm、痩せ型の私は165cm~175cmが対象のMサイズを購入。

 間違えて小さなサイズを買ってしまったかも、と思うほど充分な圧迫感です。

<効果>

   着用しないでランニングしてみて比較。

   改めてその効果を実感しました。

腕を振りやすい

 腕を回しやすい。

 普通のTシャツを着ているより腕の可動域が広がります。

呼吸が深くなる

 身体が圧迫されているのに、呼吸しやすく感じます。これは、胸を開くように姿勢が矯正されているから。

 私は猫背なのですが、着はじめから胸を胸を張るように姿勢が矯正され、ランニングの間、脱ぐまで持続します。

苦しくならない

 長距離ランニングにより疲れてくると、身体が前傾で丸まり、普段の姿勢である猫背に戻りがちです。

   猫背は呼吸に影響します。

   呼吸が崩れると苦しくなります。

   コンプレッションインナーを着ると、常に胸が開いた状態。

   フォームが崩れずしっかり呼吸することができ、充分な酸素を取り込めているようです。

ベタつかない

 汗の乾きが早い。過去に紹介した『ミレー ドライナミックメッシュ』には敵いませんが、速乾性素材により汗の乾きは早いです。

それでも走るか?!78 【お勧め】快適!サラサラ! ミレー ドライナミックメッシュを試してみました - slickrun’s diary

運動時以外でも

 私は、たまに勤務中に着用することがあります。一日中デスクにかじりついてパソコンを叩いているのですが、同じ姿勢で長時間持つと実感しています。

 引っ越し作業でも着込みましたが、腕を動かしやすいため作業のやり易さを実感しました。

まとめ

 運動時だけでなく、同じ姿勢を保たなければならないオフィスワークなどにも、コンプレッションインナーは適しています。

 あらゆる状況で着込む場合は白の購入をお勧めします。

 黒だと、ワイシャツでスケスケです。。。

f:id:slickrun:20200621130752j:plain

 

プライバシーポリシー