>

slickrun’s diary

美味しく食べる、呑むための、健康維持やランニングetc.のネタを配信します

それでも走るか?!⑱ 【お勧め】自宅で行う! 価格も手頃なプチ筋トレ 自重トレグッズ

       【プチ筋トレ 3か月目】

 ランニングにより、足回りは引き締まって見栄えが良くなった気がします。

 足回りが立派になるにつれ、上半身とのバランスが悪い、と感じるようになりました。

 気になりいろいろ調べてみると、筋肉量は30代をピークに加齢とともに減り始めるそうです。

 意識的に筋肉を維持しないと、どんどんひ弱になっていく。

 まずは自宅で出来ることから始めてみよう、と思い、上半身の筋トレの基本といえば“腕立て伏せ”、そしてクランチ(腹筋を鍛えるトレーニング)を3セットずつやることにしました。

f:id:slickrun:20200620145540j:plain

 筋トレ後は、2、3日の休息が必要らしいですが、それは追い込むトレーニングをした場合。一人自宅で追い込むことはできそうもないので、痛みや疲れの加減を見ながら行うことにしました。

 因みに、腹筋は回復が早いため毎日刺激をあたえるべき、との意見もあり、毎日欠かさずやることにしました。

 <1か月目>

 負荷が掛かる筋肉を意識しながら“腕立て伏せ”

 回数に拘らず「もう上がらない」というところまでやってからクランチを行います。しっかりと効いているのか、翌日には腕、胸に筋肉痛を感じるため、痛みが和らぐまでクランチのみを行います。

 まだ身体に変化は見られません。

  <2か月目>

 “腕立て伏せ”の時、手首に違和感を感じ始めます。

 手のひらでなく、地面に拳を着く感じで手首をまっすぐにした状態だと違和感がなくなります。

 毎日のクランチは、やらないと気持ち悪いほど習慣化しました。身体の変化は依然としてみられません。

 <3か月目>

 “腕立て伏せ”で手首が痛い。負荷を掛けるため回数を増やしていることも手首に負担を掛ける要因かも。負担が掛からないようにする方法を調べ、良さそうな器具を見つけ購入。
 
なるほど、グリップを掴みこむため手首を曲げる必要がありません。また、身体を深く沈ませることができるため、より大きな負荷を掛けられるようになりました。身体の変化としては、胸板が若干厚くなったかな、という程度。腹筋には変化なし。

 という状況。

 まあ、まだ始めて3か月足らずで見違えるほどムキムキになるわけがないですが、習慣化できたので今後も継続しようと思います。多少の筋肉痛を伴っているので、回復タイミングを意識して継続すれば結果はついてくる、と信じて。

プライバシーポリシー